【不動産投資】おすすめ空室対策9選!!

不動産関連
 

不動産投資に興味があるよ。でも空室問題とかテレビでよく見るから不安だなあ

 

会社で一生面倒を見てもらうことが難しくなっている昨今、副業に不動産投資を検討する人が増えています。そんな時気になるのが、

空室問題

不動産投資をするにあたって、悩みの種となるのが空室。空室の数や期間によっては赤字になることもあり得るため、オーナーにとっては切実な問題です。

そんな方に簡単にできて効果絶大の空室対策をご紹介します。

この記事で紹介するのは、全て筆者が初めて物件を買ったときに行ったことなので、素人にも再現性があります。

筆者はここに記載されている対策を実施し、初めての物件購入から2ヶ月で無事空室を埋めることが出来ました。

新品のエアコンをタダで設置する

新品のエアコンをタダで設置しましょう。

ガス会社などの業者にお願いすれば、そのような物品をサービスして貰うことが出来ます。

 

え、厚かましくない?

 

いえ、業者からすると物品の提供などを通して契約すれば、その後の売り上げにつなげることが出来るため、そういったサービスはごく一般的です。

空室の場合、既存のガス会社と新規のガス会社にサービス内容を問い合わせてみましょう。サービス内容を比較して、良い方のガス会社に切り替えればいいのです。

 

サービス内容の良い悪いがあるの?

 

業者によってエアコンだけでなく、様々な設備の提供を受けることが可能です。

筆者は新規のガス会社を契約する代わりに、エアコン、モニタ付きインターフォン、給湯器を無料で設置してもらいました。

 

でも新しい業者さがして掛け合うとかめんどくさい

 

これらは自分でやる必要はありません。管理会社に連絡して業者を探して掛け合うように指示してください。むしろ自分から言わなくとも管理会社側から提案があるのがあるべきです。

自分への負担はほぼ無しで大きな効果が得られるので、業者からのサービスは必ず受けましょう。

ニトリのインテリアシートを貼る。

ニトリで売っているインテリアシートなどをキッチンやトイレなどの扉に貼り、イメージチェンジしましょう。

値段は安いのに、ガラッと雰囲気を変えることが出来ます。

 

うまく貼れなそう

 

最初は慣れが必要ですが、大きなシール状になっているだけなので、サイズを測って必要に応じて切って貼るだけです。

もし気泡が出来てしまっても、カッターの先でつついて指で伸ばせば、きれいに貼れます。

平凡な見た目ではなくなるため、客付けを担当する管理会社からも喜ばれます。

筆者は初めての物件で、ニトリのインテリアシートでキッチンの扉を木目調に、トイレの戸棚を青っぽい木目調に、靴箱を黒い黒板地にイメージチェンジしました。

すると、不動産会社から

『印象が明るく、良くなった』
『大家自らそのように空室対策を打ってくれると、我々も励みになる』

などの感想を貰えました。

インテリアシートでのイメージチェンジは、内見しに来た方の印象を良くすることに加え、『お客さんを連れてくる不動産会社のやる気を出す』という意味でも効果があります。

筆者物件にて、インテリアシートを貼ったトイレの戸棚。

照明をおしゃれな新品に替える。

部屋の照明をお洒落なものに変更しましょう。

 

照明なんて高いんじゃないの?部屋ごとに沢山あるし。

 

Amazonやホームセンターで5000~6000円程度で購入することができ、簡単に印象を変えて競合と差別化することが出来ます。

全ての照明を変える必要はありません。
中古物件であれば、そもそもお客さんはそこまで求めていない場合もありますし、予算も限りがあります。

インターネットに掲載する写真を見た人や、内見のお客さんに印象を与えることが目的なので、アピールすることに決めた1箇所だけ、お洒落で格好良い照明に交換しましょう。

筆者は、ニトリでお洒落なペンダント型スポットライトを購入して、キッチンに設置しました。

元々は平凡な味気のない照明でしたが、一気にクールな印象にすることが出来ました。安価に他との差別化を図れますのでぜひ検討してみて下さい。

変更前のキッチン
照明交換、インテリアシート貼り付けを行ったキッチン

ポップを貼る。

部屋のアピールポイントにはポップを貼りましょう。

内見時に担当営業が喋らなくても、お客さんがアピールポイントに注目出来、印象に残るからです。

 

例えば?

 

例えば、

  • 『こちらの照明新品です!』
  • 『畳で夏は風呂上りにごろごろ
     冬はこたつでみかんは如何でしょうか?』
  • 『収納たっぷり!』
  • 『料理に嬉しい2くちコンロ!』

など、部屋の特徴や新品などをアピールしましょう。

 

自分で作れるの?

 

ポップは、吹き出し型に切った画用紙に言葉を書き、100円ショップなどで売っているラミネートシートでラミネートすれば作れます。

作ったポップは両面テープで剥がれないように貼っておきましょう。

ダイソー:セルフラミネートフィルム

せっかく内見に来てくれたお客さんを逃さないために、しっかりポップで部屋のアピールポイントを伝えましょう。

ビルトインガスコンロを自分で交換する。

ビルトインガスコンロを交換しましょう。

 

結構費用が掛かるんじゃないの?

 

キッチン自体を交換するとなると、何十万もかかってしまいますが、ビルトインガスコンロだけであれば、自分でできますし、値段を格安に抑えることが出来ます。

筆者は、リンナイのグリルなし二くちコンロを25000円で購入し自分で交換しました。

グリルありだと少し高くなりますが、女性の意見を聞いてみた所、
『グリルは手入れが面倒だし、魚ならフライパンで焼ける』

という意見が多いようですので、グリルは無くても問題ないようです。

安く簡単で、しかも新品ピカピカのコンロに交換することができ効果絶大なので、中古物件の場合これはこの記事でもトップクラスにおすすめです。

※ガス管の接続だけは業者しか行うことが出来ませんので、契約しているガス会社に無料でやってくれないか相談してみましょう。

古いコンロのなかは錆でいっぱい
すっぽり取り外した様子
ピカピカの新品コンロはポップでしっかりアピール

インターネット掲載の写真を替える。

部屋の印象を変えたら、自ら写真をとって担当営業に送り、インターネット上の写真を交換してもらいましょう。

インターネットに掲載されている写真は、画質も悪く、工夫されてない場合が多いからです。

せっかく部屋を他と差別化させたのに、インターネットに掲載されないのでは、意味がありません。インターネットで検索したうえで不動産屋に訪れる人が、圧倒的に多いからです。

 

どういう写真にすればいいの?

 

内観、外観共に明るいことと、部屋の中は広く見えるように撮りましょう。

最近のスマホであれば画質も綺麗ですし、加工アプリで簡単に雰囲気をよくすることが出来ます。

大手3社に情報を掲載する。

自分の物件の情報がインターネットで検索できることを確認しましょう。

 

どうやってチェックすればいいの?

 

良い写真を用意したら、最低限
suumo,athome,homesの3社に情報を掲載してもらいましょう。

まずはこの3社に掲載されていれば、自分の物件は土俵に乗っていると言えます。

掲載されていない場合、担当営業にお願いしてすぐに載せてもらいましょう。

プレゼンツールを自作し不動産屋を回る

これは出来る人で良いですが、

プレゼンツールを自作して不動産屋をめぐると空室が早く埋まります。

大家が自ら足を運ぶことで、不動産会社に印象を残すことが出来るからです。

物件の情報は毎日100件以上不動産屋に届きますので、私達の物件の情報があったとしてもすぐに埋もれてしまいます。

大家わざわざ客付けのお願いに行く人は少数ですから、行くだけで印象に残ります。

お願いに行っておけば、他との差別化が出来、不動産屋の窓口にお客さんが来た際に物件を紹介してもらえる確率が上がるのです。

 

どうやればいいの?

 

筆者が実際に作ったツールに盛り込んだ内容を紹介します。

  • 物件の内部の写真  
  • 物件外部の写真や、周辺の写真
  • 担当営業が作った募集用マイソク  
  • 周辺地図やオススメコメントなどのチラシ

上記のを100均のクリアケース(ハード)に入れ、穴あけパンチで穴を空けてリングで留めるだけです。

駅周辺の不動産屋に行き、
『オーナーをやっております〇〇と申します。ちょっとだけ客付けのお願いださせて頂きたいんですけど・・』

などと言えばOKです。作ったツールで説明し、ツールも置いてきましょう。

実際不動産屋に飛び込み営業に行くのはハードルが高いです。しかし、実際におねがいにいった店舗から管理会社に内見のお願いが入り空室が埋まったこともあります。

やる人が少ないので効果があるといえます。余裕のある人は是非チャレンジしてみましょう!

最後に

如何だったでしょうか? 記事に書いたのはどれも簡単で効果絶大なものばかりです。

空室問題が騒がれますが、それはこういった対策すらやらない人がまだまだ多いからだと思います。

逆に言うと、こういった対策を淡々と実行するだけでその他大勢の物件にも勝つことが出来ますので、空室に困っている方は是非実行してみて下さい!

おまけ

おすすめ書籍を紹介します。
『空室対策のすごい技』です。

実用的な空室対策が山ほど紹介されており、『ここに紹介されている対策をやれば必ず空室は埋まる』と言い切るほどです。

本記事で紹介した内容もこちらの本を参考にしており、本当におすすめです。興味のある方は是非見てみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました