【不動産投資】固定資産税の計算方法!中古一棟アパートならお得な軽減措置も!?

不動産関連
 

不動産投資しようと思って中古一棟アパートを買ったよ。固定資産税がかかるのは何となく知ってるけどどれくらいかかるの?

 

固定資産税の支出はデカい

副業の一環として、不動産投資に参入する人が多い昨今。いざ購入して毎月の家賃収入ととローン返済は大体計算できるけど、税金ってよく分からない。。。そんな方も多いのではないでしょうか。

その中でも毎年支払いが発生し、インパクトも大きいのが固定資産税。計画的に準備してきちんと納めたいですよね。できれば軽減措置なども知りたいところです。この記事では、

固定資産税の計算方法から軽減措置までまるっと説明します!!

固定資産税とは

固定資産税とは、

家屋や土地、収益不動産などを保有する場合、固定資産が存在する市町村に支払わなければならない税金

です。1月1日に固定資産課税台帳に登録されている固定資産が課税の対象となります。マイホームだけでなく、収益不動産の場合も対象となるため、オーナーが責任もって納める必要があります。

支払時期、支払い方法

固定資産税は、

市町村から送付されてくる納税通知書に従って支払う

ことができます。自治体により差異はありますが、一般的には4月、7月、12月、2月の4回に分けて支払います。支払いの方法としては、郵便局、コンビニ、口座振替、ATM、クレジットカードなどが選べます。

 

ちなみに今年の5月に中古アパートを買ったんだけどその場合はどうなるの?

 

1年の途中で物件を買った場合は、購入時に諸費用として、『年間の固定資産税を日割りにした残りの額』を売主にまとめて支払うことが一般的です。

固定資産税の計算方法

固定資産税は、納税通知書を確認することで把握することが出来ます。自分で計算する場合は、

固定資産税評価額×1.4%
(課税標準額)

で求めることが出来ます。固定資産税評価額とは、総務大臣が告示した固定資産評価基準に基づいて各自治体で個別に設定します。評価額は、不動産屋の担当に問い合わせるか、各自治体で管理している固定資産税課税台帳で閲覧することが出来ます。

 

結局いくらになるの?

 

一般的に収益物件の固定資産税評価額は物件購入価格の7割程度なので、例えば2600万円の物件の固定資産税は下記の様になります。

◆1820万×0.014=254,800円
 (価格2600万の7割1820万×1.4%)

固定資産税は建築コストに比例して高額になるため、木造よりRC、一戸建てよりアパートの方が高額になります。

中古アパート投資で受けられる軽減措置

新築の場合家屋部分の固定資産税を3~5年減免にするなどの措置がありますが、中古アパートの場合受けられません。その代わり、

小規模住宅用地の軽減措置を適用することが可能

です。措置の内容は、所有する土地のうち200㎡までは固定資産税評価額を1/6に、200㎡をこえる部分に関しては固定資産税評価額を1/3にするものです。

例えば140㎡で土地の固定資産税評価額が1800万、建物1200万の物件の税額は以下の通りです。

◆土地:300万×0.014=42,000円
     (1800万の1/6×1.4%)
◆建物:840万×0.014=117,600円
     (1200万の7割×1.4%)

さらに、中古アパートの場合小規模住宅用地の軽減措置は戸数×200㎡が1/6の固定資産税評価額となるため、10戸であれば2000㎡までの土地は固定資産税評価額は1/6で計算することが出来ます。

最後に

固定資産税は不動産投資ではらう税金の中でもインパクトが大きいです。計算方法や納付方法をおさえてしっかり納めましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました