サラリーマンが不動産投資をするとバレる代表的な理由と対処策

その他

サラリーマンにとって、将来の備えや毎月のお小遣いの足しに不動産投資で少しでもお金を稼げたらありがたいですよね。

ただ、いざ始めてみたくても、会社にバレるか気になるところです。

副業していることは会社には言いたくない。ただ、会社にばれた場合、上司に怒られたり、規定違反になってしまったりする可能性もあり、注意が必要です。

毎月の収入を得ることを目指して勉強しているものの、会社にバレない為の対策を知らず何も考えずに進めていませんか?

残念ながら、そのままでは不動産投資は会社にバレてしまいます。

会社にバレずにこっそり不動産収入を得ていくにはどうしたら良いか?結論から申し上げますと、

確定申告で普通徴収を選べば大丈夫

です。この記事では、サラリーマンが不動産投資をするとバレる理由と対処策を解説します。

私も初めて不動産投資をするときは不安でしたが、この記事で紹介していることを実行し、2021年現在サラリーマンをしながら問題なくアパート経営できています。

確定申告し不動産収入に応じた納税額が会社に通知されるからバレる

不動産収入を得た場合、確定申告をし、その収入に応じた住民税を支払わなければいけません。

サラリーマンの場合、この住民税の支払いは通常会社が毎月の給料から天引きし、本人の代わりに支払ってくれます。これを、特別徴収と言います。

この仕組みにより、通常のサラリーマンは特別に何か自分で手続きしたりすることなく、自動的に税金を納めることが出来るのです。

サラリーマンが不動産収入を得た場合、その収入の分も追加で税金を支払う必要があります。

その税金額を決めるために、自分の収入を税務署に確定申告します。

すると、税務署は申告された収入に応じた納税額を計算して会社に通知し、会社はその額を加味して毎月の天引き額に反映します。

その際の通知の明細に不動産収入が記載され、会社にバレるのです。

対策:普通徴収を選ぶ

税金の納め方には、会社が自動的に給与から天引きし、代わりにおさめてくれる特別徴収と、自分で納税する普通徴収があります。

確定申告で不動産収入を申告する際、この徴収方法は自分で選択することができます。

そこで必ず普通徴収を選択すれば通知による会社バレを防ぐことが出来ます。

自分から言いふらさない。

特に一棟モノなどで不動産投資を開始した場合、すぐに年収は1千万を超えてきます。

今まで一生懸命勉強し、色々な契約や融資などを突破してやっと物件を購入出来たら嬉しいですよね。

でも、嬉しさや、自慢したい気持ちでポロっと不動産投資していることを言ってしまわないよう注意が必要です。

「給料だけじゃ将来不安だよね~」

「そうだね。だから俺投資とかちょっとやってるんだ」

「投資?株とか?」

「んー、まあ、株もだけどちょっとだけ不動産もね」

飲み会などで気が緩み、このような形でつい言ってしまうことは十分あり得ます。

不動産投資は、興味を持っても空室リスクや借金を恐れ実際に始めることのできる人は数パーセントと言われています。

だからこそ、羨望のまなざしで見られることもあるかもしれませんが、妬みを持たれる場合もあるでしょう。

(なにあいつ勝手に副業してんの?)

(仕事集中してんのかよ)

(大したことない奴のくせに俺より金稼いでるとかムカつくな)

このように心の中で悪く思われ、会社に言いつけられたりするかもしれません。

収入が増えても、嬉しさは自分だけでかみしめることとし、不動産投資をしていることは奥さんなど限られた人にしか言わないのが無難です。

私も不動産仲介会社や管理会社を除いては、妻と、友人二人にしか言っていません。

不動産投資がバレても言い訳はいくらでもある

対策をしていても、万が一バレたら、下記のような説明をして乗り切りましょう。

  • 転勤で引っ越したが、元の家を貸している。
  • 親からアパートを譲り受けて、貸している。
  • 亡くなった祖父のマンションを改装し貸している。
  • 名義だけ貸している。
  • 妻がもともと持っていたアパートだが、結婚してからは使っていないので貸している。

実際に上記のような状況の人は沢山います。

自分から意図して不動産投資を始めた場合でなくとも、果として不動産投資をしている人はいくらでもいるし、普通なのです。

それにいくら上司や人事といえども、プライバシーの領域ですから、必要以上に突っ込んで聞くことは出来ませんし、答える必要もありません。

後ろめたさを感じる必要はない

まだまだ副業に対する理解が充分でないため、こっそり不動産投資をせざるを得ない面はあります。

しかし、実際は国が働き方改革を踏まえ副業を推進しようとしています。

平成30年に厚生労働省が、副業・兼業の促進に関するガイドラインを発表しました。

私の会社でも、ひっそりと『副業申請』という仕組みが出来ていることに気づきました。

企業は国の方針を受けて、副業をしやすくする制度を整えつつあるのです。

まだまだ大っぴらにするのは危険ですが、心の中では胸を張って不動産投資を頑張っていきましょう。

まとめ:確定申告では普通徴収の〇を忘れずに!

如何だったでしょうか?不動産投資は着実に資産を築いていける方法ですが、会社バレが気になります。

この記事で説明したことさえ守っていればバレる確率はかなり下げられますので、ぜひ覚えておいて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました