不動産業界の革命児【ウチコミ】とは?

不動産関連
 

不動産投資してるんだけど空室がなかなか埋まらないよ。
管理会社ってちゃんと募集してくれてるの?

 

不動産投資において一番気になる空室リスク。入居者募集は多くの場合、不動産業者に依頼します。ただし、任せっきりでは中々入居が決まらないのが現実です。空室が長引くと、

『不動産業者はちゃんと入居募集してくれているのだろうか・・・?』

そんな気持ちにもなってきます。そこでおすすめなのが、不動産業界の革命児ともいえる、ウチコミ。この記事では、

ウチコミのメリットや使い方について説明します!

ウチコミとは

ウチコミとは、

大家が直接入居者募集できるサービス

です。通常、空室を埋める場合、不動産業者に依頼するのが一般的ですが、ウチコミの場合、大家自らが物件情報をサイトに掲載し入居者を募集します。

ウチコミとは

利用の流れ

コチラのページにアクセスし、情報を入力して新規ID登録を行います。詳細プロフィールと、物件情報を登録します。登録後は、入居者からの問い合わせや内覧の問い合わせがあれば対応を行います。(内覧自体はウチコミにて対応)入居希望があれば、契約や仲介手数料の支払いを経て、実際の入居に至ります。

お金の流れ

ウチコミの利用料は無料です。その代わり、成約時に大家からウチコミに賃料の1カ月分の仲介手数料を支払う必要があります。入居者の仲介手数料は無料です。

ウチコミのお金の流れ

オーナーが行うこととウチコミが行うこと

オーナーはウチコミへの物件情報の登録を行います。ウチコミ内では物件を探している人とメッセージのやり取りができるため、問い合わせへの回答などを行います。

ウチコミは、実際の内覧業務や、契約業務を行います。(ウチコミの契約担当の不動産業者が契約を行う。)まら、ウチコミのID登録をしたあとは、ウチコミ事務局に自分の物件のURLを伝えるだけで物件の情報を掲載してくれるため、PCに疎い人でも簡単に利用を開始することが出来ます。

不動産業者による客付けはなぜダメか

不動産業者による客付けでは、自社のHPやSUUMO,アットホーム、HOME’Sなど大手サイトに情報を掲載して募集を行いますが、下記のようなデメリットがあります。

  • 募集内容が間違っている場合がある。
  • アピールしたいポイントが書いてない。
  • 使っている写真が魅力的でない。
  • 反応が良いのか悪いのか良く分からない。
  • 自分の物件が優先されていない場合がある。

ローンを組んで物件を買っている大家は、家賃が得られないと赤字になってしまう可能性もある為、空室が続くことは大問題になります。しかし、不動産業者の従業員からしてみれば、その物件に空室があろうがなかろうが自分の給料に繋がらない場合が多い為、必ずしも本気で客付けに取り組んでくれているとは限りません

募集内容の修正や追記を依頼しても直ぐに反映されなかったり、修正内容が上手く伝わらず思うように修正されない場合もあります。また、本来は専任契約であれば客付け状況の報告義務が定められていますが、報告しなくても罰則が無い為、状況報告をしない場合が多いです。その場合、自分の物件の需要の有無も不透明となり、どのようにアプローチしたら良いかも判断しづらくなってしまいます。

ウチコミを利用するメリット

ウチコミを利用する第一のメリットは、

空室が埋まりやすい

ことが挙げられます。理由を見ていきましょう。

入居者の仲介手数料が無料

不動産業者が行う通常の仲介の場合、大家と入居者の両者が仲介手数料支払うことが一般的です。しかし、ウチコミの場合、入居者は仲介手数料を支払う必要が無い為、入居のハードルが低く、成約に至りやすいと言えます。

露出が増え、内見者数を増やせる

通常の不動産業者に客付けを依頼している場合、物件の情報が載せられる媒体は、大手であるSUUMO,アットホーム、HOME’Sと、その業者のホームページが考えられます。業者によっては全ての大手のポータルサイトには情報を載せていない場合もあります。ウチコミに情報を掲載しておくことで、情報の露出が増え入居者の目にとまる確率も高くなると言えます。

入居希望者と直接やりとりできる

業者に任せている場合は自分では物件の問い合わせ状況は分かりませんが、ウチコミに情報を掲載している場合、入居希望者とは自分で直接やりとりする為下記のようなメリットがあります。

  • 閲覧数が分かる。
  • 反応の良し悪しが分かる。
  • 自分で自分の物件の強みを紹介できる。
  • 返事がすぐにできる。
  • 相談に乗ることができる。
  • 自分で物件の強みをアピールできる。
  • 自作のHPなどに誘導できる。

注意点

ウチコミは、駐車場、トランクルームのみの募集はNGです。また、掲載エリアも決まっているため、自分の物件を掲載できるか最初に確認しましょう。また、大家自らが情報を掲載することを売りとしているため、管理物件やサブリース物件の記載は不可です。物件についての情報は自分で回答する為、予め情報を整理しておきましょう。また、内覧や契約の流れをウチコミ側と確認しておき、スムーズに対応できるようにしておきましょう。

最後に

積極的な不動産会社が多い中、物件を自ら紹介していくことは客付けに非常に効果があります。ぜひ活用してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました