軽量鉄骨とは?メリデメや注意点を解説します!

不動産関連
 

物件探してるんだけど、軽量鉄骨って何?

 

賃貸やマイホーム探しをしていると目にする、軽量鉄骨。良いと思った物件はどうやら軽量鉄骨という種類らしいけどそれが何を意味するのか全然分からない。そんな方向けに

軽量鉄骨の特徴や注意点を解説します!

軽量鉄骨とは?

軽量鉄骨とは、

厚さ6ミリ未満の鋼材で骨組みを造っている建物

です。一部では4ミリという意見もありますが、一般的には6ミリ未満が軽量鉄骨、6ミリ以上になると重量鉄骨という区分けになります。軽量鉄骨は2階建てまでの建物に向いており、重量鉄骨は3階以上のマンションやビルなどにも対応できる造りとなっています。

軽量鉄骨

メリット

価格

軽量鉄骨造は、多くの場合、プレハブ工法が採用されています。プレハブ工法は、材料を工場で生産して現場で組み立てるため、建物の建築が容易となります。材料費が安いことに加え、工期も圧縮できるため、

価格が抑えられる

ことがメリットとして挙げられます。製造コストを抑えられるため、一戸建ての場合販売価格、賃貸の場合家賃が安いことにも繋がります。また、工場で鋼材を大量生産する為、職人のスキルに左右されるようなことが無く、一定の品質を保つことが出来ます。

耐震性

木造に比べ

耐震性が高い

こともメリットとして挙げられます。耐震性が高いため、地震が発生した際の倒壊の危険は低くなります。重量鉄骨よりは耐震性は低くなります。

シロアリ・虫

軽量鉄骨の場合、

シロアリ被害がない、虫の発生が少ない

こともメリットとなります。木造の場合、シロアリに食われたり虫が発生する可能性がありますが、軽量鉄骨の場合、シロアリに食べられる危険はなく、他の虫にも卵を産み付けられる心配がないのでシロアリやその他の虫の発生も抑えられることとなります。

デメリット

遮音性・防音性

軽量鉄骨の場合、鋼材が薄いこともあり、

音が響く

ことがデメリットとなります。音が通りやすい為、隣の部屋や上階の音、廊下や階段からも音が聞こえる場合があります。軽量鉄骨の遮音性や防音性は、木造よりは高く重量鉄骨よりは低くなります。

その他

軽量鉄骨の場合、ブレース(柱や梁を対角線につないで強化するもの)があり壁を撤去できず、リフォーム時の自由度に制約が発生する場合があります。また、通気性や通湿性が悪かったり、錆が発生する可能性があります。

対策

軽量鉄骨の特徴に音が通りやすい事が挙げられます。とくに賃貸の軽量鉄骨の場合、廉価に建築するケースが多い為、防音対策がなされていない場合があります。防音対策がされていないと、ストレスやトラブルのもとになってしまいます。

賃貸の場合は、角部屋や最上階に住むなど、接する面を少なくすることで影響を抑えることが出来るようになります。また、家具を隣接する壁に配置するなどすることで音の漏れを軽減させることが出来ます。

リフォームが可能な場合は、床を二重にして防音材を入れることで足音の漏れを防ぐことができます。壁も同様に、二重にして防音材を入れることで対策が可能です。そもそもの作りから検討する場合は、リビングの上にトイレや風呂を配置するなどの工夫をすることで音漏れの被害を軽減することが出来ます。

最後に

軽量鉄骨は安価で安定した品質を得られますが、音に関しては要注意です。賃貸の場合でも自宅購入の場合でも、音漏れ対策はしっかり行いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました